スピリチュアルと仮想通貨の関係

最近、よく聞く「仮想通貨」ですが、皆さんはご存知でしょうか?
私は以前、「未来の地球の姿」をスピリチュアル・ガイドに見せてもらったことがあったのですが、今回はそこでの世界と、この仮想通貨の関係について書いてみたいと思います。

 

仮想通貨とは

まず、仮想通貨とは何かご存じない方もおられるかと思いますので、簡単にその説明から始めたいと思います。

仮想通貨とは、暗号通貨とも言い、その語源はインターネット上で暗号として取引されているという性質から来ています。ですので米ドルや日本円のように、紙幣や硬貨のお金が実際にあるわけではありません。

実際、私たちが日常的に使っている貨幣は、中央銀行と呼ばれる世界中の国の機関で発行されているのですが、仮想通貨はこのような国の発行機関を持ちません。各国に設置された「取引所」と言われる場所で、世界各国どこからでも取引ができる通貨です。

また、この仮想通貨は、ブロックチェーンと呼ばれるインターネット上の複数の監視所で、管理されています。この内容は各監視所で共有データとして扱われており、不正や不具合を常にチェックしているそうです。

 

仮想通貨のメリットとデメリット

<メリット>

銀行などを通さないので、海外送金の際、手数料や送料が安価。またインターネット上のプロセスになるので、時間もかからない。

中央銀行を通さず、個人間の信頼の元で運営されているので、国や政策などの影響を受けにくい。

インターネット上での取引のため、時間がかからず、匿名性が高い。

<デメリット>

匿名性が高いために、違法取引など犯罪の温床になるリスクがある。

個人間の信頼の元での取引のため、将来の展望が不明。現在2000種類以上の仮想通貨が出ているということですが、仮想通貨の売買は、株などの投資と一緒で、十分検討したうえ、自己責任で行うこと。

スピリチュアル・ガイドが教えてくれた200年後の世界

最初にスピリチュアル・ガイドが見せてくれたのは、私が中学生のころでした。今からもう30年以上も前のことです。

そのときは、まだコンピューターの全身であるワープロすらない時代でした。テレビとビデオデッキがあったぐらいの頃です。

その時、「これが近い将来の地球の姿だよ。」と見せてもらった地球では、人々が歩きながら、耳に四角い箱のようなものを当てて話していました。

会社や家では、これまた四角い箱が机の上に置いてあり、テレビのモニターのように、そこには字や映像が映っていました。

今の携帯やコンピューターですね。

また、町には鉄塔が立ち、大きな高いビル群が立ち並んでいました。当時はニューヨークのマンハッタンにも高層ビルはあったと思いますが、日本の都市部もそのような感じになっていました。

町を走る車の形状や種類も当時とは異なり、「まるで未来の映画を見ているようだなぁ」と思ったのを覚えています。

そして時がたち、2度目の近未来を見せてもらった時のことです。それは今から10年ぐらい前のことでした。

「200年後の地球だよ。」と見せてもらった地球では、ガイドの命令で、あまり詳しくは語れないのですが、貨幣制度の点だけをお伝えすると、今ある貨幣制度というものは無くなっていました。

貨幣の代わりに昔のような「物々交換」になっていたのです。

つまり野菜作りのできる人が、パンを作れる人に、野菜を上げる代わりに、パンをもらう。家の修理ができる人に、車の修理でお返しする。

そんな状態になっていたのです。

私自身は、今の状況を見ていると、200年後にガイドが見せてくれたような地球になっているとは思えません。そこでは他にもいろいろな面でとても発展していて、その状況に至るには、もう少し時間がかかるように思えるからです。

とにかく、貨幣制度においては、中央銀行が発行する貨幣がなくなり、昔のような「物々交換」に移行していっているようでした。これは数あるパラレルワールドの中の一つに過ぎないのかもしれませんが・・・。

 

スピリチュアルと貨幣

スピリチュアル的に言うと、お金もエネルギーの一つです。そして今後は、国が中央銀行から発行する今のような紙と硬貨という形状がなくなり、エネルギーとしての流通になっていくのだと思います。そして最後には、貨幣そのものの意味がなくなり、私がガイドに見せてもらったように、物々交換の社会に戻っていくのかもしれません。

そしてその移行のひとつのプロセスとして、私は仮想通貨が生まれ出たのではないかと思います。

仮想通貨は目に見えたり、手に取れるお金ではありません。だからこそ不安、という方も多いと思います。しかし目に見えるものも見えないものも、手に取れるものも取れないものも、すべてが同じエネルギーでできています。そして手に取れる貨幣は、たとえば焼けてしまえばそれまでです。形がない故の不安もありますが、同時に物質化しているが故のリスクもあるということです。そういう意味では、仮想通貨とはより流動的なエネルギー体であるといえます。

スピリチュアルについても、目に見えないものを扱うからこそ、否定される方が多い世界です。しかし私たちは目に見えない空気を吸い生きています。そして目に見えない心(感情)があるが故に、喜んだり悲しんだりします。

私的には、昨今の仮想通貨が、スピリチュアルや見えない分野のことを公に伝えてくれているように感じています。

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す