おさえておきたい満月と新月の日の願い方

満月や新月にお願い事をするとよい、と言われます。なぜ、満月や新月なのでしょうか?満月と新月の日についてと、その日に願うといいとされる方法をまとめてみました。新月の願い事用に特別なシートも作りましたので、ダウンロードしてお使いください。

満月の日について

満月というと、まん丸いお月さまのことを思い浮かべますね。あまり詳しい知識は必要ないと思いますが、簡単に言うと、月と太陽が真向かいになったときに太陽光の反射で満月として見えるそうです。

そしてそのサイクルが、だいたい毎月15日前後になるので、満月の日のことを「十五夜」と呼ぶようになったということです。

この満月の日には、よく「事故が増える」「出産率が高い」ということも聞きます。検証結果でも、確かに普段の日よりも事故件数が高かったり、出産率が増えたりということが見られるそうです。しかしそれは単に満月に気を取られて事故に繋がったとか、または偶然で起きた、ということで片付けることもでき、本当のところは分からないということです。

しかしスピリチュアル的には、満月の日というのは、とても強いエネルギーを地球に降り注がれているので、普段起こらないことがあっても不思議ではありません。

満月に願い事をする方法

実は満月の日は、願い事をする日ではありません。というのは、満月の日というのは、月のエネルギーが満ちるため、新月の日に願ったことが成就するという意味があるからです。いわば、新月で蒔いた種が成長し、満月でその収穫物を刈り取るということです。

ですので、満月の日に願い事をするというのは向いていませんが、この「満ちる」「完了する」というエネルギーを活用して、満月の日ならではの、できることもあります。

以下にその方法をお知らせしますね。

1.不必要なものを紙に書きだす

  • 自分にとって良くないと思っている人間関係
  • 今まで捨てきれずにいたもの
  • 長らく手をつけていなかったプロジェクト

など、手放してしまいたいものを紙に書きだしてください。そしてその後、その紙を細かくちぎって捨ててください。満月のエネルギーが、未練を断ち切り、手放すことに力を貸してくれます。

2.達成したことを紙に書きだす

  • 新月で願いごとをした中で、叶ったこと
  • 頑張っていたこと
  • 手がけていたプロジェクト

など、今度は達成したことを紙に書きだしてください。そしてその後、満月に「ありがとうございました」と、感謝の気持ちを伝えてください。満月のエネルギーが、この先もずっと上手くいくように後押ししてくれます。

3.パワーストーンの浄化

満月のパワフルなエネルギーを使って、パワーストーンの浄化やエネルギーの充電ができます。

水につけても問題のないパワーストーンは、先に水で軽く洗い、そして満月で月光浴をさせます。表面が乾くと取り入れても結構ですが、一晩月光に当てておいても良いでしょう。

浄化とともに、満月の光を取り入れて、その石本来の持つパワーが蘇ります。

4.お財布フリフリ(金運アップ)

これはとても人気のある方法ですので、皆さまも、すでにご存じかもしれませんね。

普段使っているお財布から、お金や、クレジットカード類、レシートなど全て取り出して、空にしてください。そしてそのお財布を、満月に向かって3回ふります。

満月の「満ちる」というエネルギーが、金運アップしてくれるでしょう。

満月に願い事をするときの注意点

満月の日は、願い事をするという日ではないということをお話しましたが、気を付けていただきたいことがあります。

前述のように、満月に事故が起こりやすいということに関係するのですが、満月の日は「イライラする」「落ち着かない」というような感情面の起伏が大きいとも言われています。

満月の日には、新しいことは始めず、できるだけ心静かに自分自身を内観するようにしてください。

2018年の満月カレンダー

日付時間
1/2/201811:25
1/31/2018 22:27
3/2/201809:52
3/31/201821:38
4/30/201809:59
5/29/2018 23:30
6/28/201813:54
7/28/201805:21
8/26/201820:57
9/25/201811:53
10/25/2018 01:46
11/23/2018 14:40
12/23/201802:49

 

新月の日とは?

新月の日とは、地球から見えている月面に太陽光が当たらずに、空に月が見えにくい状態になっている日を言います。輪郭だけが薄く見えるような月を見たことがありませんか?あれが新月です。

満月を100とするなら、新月は0です。これから種を蒔くという日です。ですので、新月の日は、何か新しいことを始めたり、願い事をするのに適した日なのです。

新月に願い事をする方法

それでは最も願い事が叶いやすいとされる方法をお知らせします。

この新月の願いは、一般に伝えられているとてもポピュラーな方法なのですが、ここでは私自身のスピリチュアル・ガイダンスも含んだ、願望実現において最適な方法を記しています。

  1. 紙とペンを用意してください。
  2. 下部にある「新月のカレンダー」で新月の日とボイドタイムを確認してください。
  3. ボイドタイムを避けて、紙に10個までの願い事を書いてください。
    *注意点を参照の上、ご記入ください。
  4. 書きあがったら、新月に向かって「全て叶いました。ありがとうございます。」と呟いて、思いを月(宇宙)に向けて解き放ってください。

新月に願い事をするときの注意点

それでは、新月に願い事をするときの注意点についてお知らせします。願い事を書く前に、ご一読ください。

  • 新月になってから願い事を書く
  • できれば新月になって8時間以内に書く
  • ボイドタイムには書かない
  • ペンで書く(鉛筆など消えるもので書かない)
  • 願い事は10個程度にする
  • 私を主語にして、簡潔に書く
  • 「〇〇できました。ありがとうございます。」というように完了形で書く
  • 1つの願い事に、複数の望みを書かない(例:憧れのA社に就職が決まり、B社からも内定をもらいました。)
  • 誰かを妬むようなネガティブな願いは書かない
  • 人の意志を無視するような願いは書かない(例:彼が彼女と別れて私を選んでくれました。)
  • 宇宙への宣言なので、最後に署名と日付を書く

また、今回のブログ記事を書くにあたって、「新月の願い事シート」を作りましたので、よろしければダウンロードしてお使いください。

背景に私の「マジェンタ・ローズ」のパステルアートを透かしで入れた、特別なシートです。マジェンタは、癒し効果のある色で、体調の改善、心の問題の解決に効果があり、悩みを改善に導いたり、願い事を叶えるのにも良い色とされています。

新月の願い事シート

2018年の新月カレンダー

日付時間ボイドタイム
1/17/201811:17なし
2/16/20186:05新月から2月16日11:41まで
3/17/201822:11新月から3月18日3:56まで
4/16/201810:57なし
5/15/201820:47なし
6/14/20184:43新月から6月14日6:19まで
7/13/201811:47新月から7月14日2:30まで
8/11/201818:57新月から8月12日12:58まで
9/10/20183:01なし
10/9/201812:46なし
11/8/20181:01なし
12/7/201816:20なし

 

新月であれ満月であれ、月は地球という星に住む私たちにとって、大きな影響を及ぼしている存在です。そしてその光は、はるか彼方の地球という星に住む、小さな人間一人一人の気分を左右するほどの力をもっています。

もし月がなかったら。月が今の2倍の大きさだったとしたら。地球との距離がもっと近かったら。私たちには予想すらできませんが、今のような生活ではなかったことでしょう。ひょっとしたら人類も生まれていなかったかもしれません。

とても小さな確率の中で、偶然が重なりあって生まれた私たち人類ですが、見方を変えると、大きな宇宙の目的のもと、私たち人類が生み出されたような気もします。偶然はなく、全て必然とも言われるように、そこには忘れてしまっているものの、私たち自身の目的とも合致していたのでしょう。

けれど、わずかな確率の中で生まれてきたという事実には変わりありません。その上に、お月さまがお願い事まで聞いてくださるというのは嬉しく、ありがたいことですね。

私たちは、お互いに仲良く、宇宙が与えてくれているものに感謝しながら生きていきましょう。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください