人間関係の問題をさっと片付けるたった1つの方法

お客様からのご相談の中で、人間関係についての問題をよく聞きます。 今回は人間関係で悩んでいるときの、楽になる考え方をお話しします。

さまざまな人間関係

一口に人間関係とは言っても

 ・親子関係

 ・恋愛関係

 ・夫婦関係

 ・嫁・姑関係

 ・上司と部下、または同僚との関係

 ・友達関係

 ・顧客関係

などなど本当にさまざまです。

そして多くの方が、その問題のために不眠になる方や、食事が摂れなくなる方なども大勢いらっしゃいます。

でも実は、どんなに苦しい人間関係の問題でも、その解決法は、たった一つだけなんです。

そしてそれはどんな人間関係の場合でも同じです。

それは何だと思いますか?

たった一つの解決法

人間関係の問題を解決する方法。それは「愛」で動く、ということです。 

私たち人間は、行動を起こすときに、「愛」「怖れ」のどちらかで動きます。

愛と怖れは、ベクトルの方向が逆を向いています。

愛はエネルギーの流れが 外に向いているのに対して、怖れは内に向かっています。

愛は「相手に与えようとする気持ち」で、 怖れは「相手から奪おうとする気持ち」です。

そして「怖れ」で双方が動いてしまった時、人間関係の問題が起こってきます。

いわゆる「綱引き」状態になってしまうのですね。

双方が、両方から一本の紐を引きあっている状態なので、いつまでも緊迫感が続いて、どちらもしんどい思いをします。

そこを、どちらかが「愛」の気持ちに切り替えると、紐が緩んで、相手との緊迫感が解けます。

だから人間関係の問題は、先に「愛」を差し出した人のほうの勝ちなのです。

愛を差し出すには

愛を差し出すとは言っても、具体的にどうすればいいのでしょう?

それは例えば

・先に謝ってあげる
・相手の言い分をじっと聞いてあげる
・相手が望むことをやってあげる

こういったことで愛を差し出すことができます。

とは言っても、いつも何かをしてあげることが愛を差し出すということではありません。

時には同じ土俵から降りる。

言い換えると「そっと離れる」ということも愛の行動だと思います。

それは

「私とは考え方が違うけれど、あなたの考えも尊重します」

ということだからです。

 そしてそれはまた、自分をも大切にする方法でもあります。

 ですのでその時の状況によって、この、「そっと離れる」をやってみてください。

 基本的には、「その時の自分の気持ちを大切にする」ということです。

 結局は自分自身の在り方

どんなに理不尽であっても、自分のほうが正しいと思っていても、その問題にかかわっている限り、その勝負から抜けることはできません。

だって相手は相手で、自分が正しいと思っているのですから。

 それに誰に自分の正当性を分かってもらえなかったとしても、自分自身がお天道様に顔向けできる行いをしているならば誰に何を思われても、いいのではないでしょうか?

見ている人は、ちゃんと見てくれています。

分かる人は、ちゃんと分かってくれます。

たとえ、それに時間がかかることがあっても。

 そして何よりも、自分自身が誇れる行動を取っているならば、それでいいのだと思います。

あとは、その相手次第。
去るもの追わず、来るもの拒まず。

皆がそれぞれの生き方を尊重しあい、人は人、自分は自分で生きることこそが、平和に生きるコツなのです。

私も今までにたくさんの人と出会いましたが、その中で去っていった人もいます。
しばらくすると戻ってくる人もいます。

人間だから、いろいろありますよね。
人間は、感情の動物だから。

でもどんなに辛い思いをしても、それが結果的に別れになったとしても、それらすべて、双方の学びです。全て自分が書いてきたカリキュラムの流れなのです。

そしてそれを別れと捉えるのではなく、それぞれの新しい門出だと思って、常に前を向いていてくださいね。

だって私たち、どう転んでも、大丈夫なんですから。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください